ピアノ奏法,楽譜の読み方,脱力,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,スラー/レガート,ペダルの踏み方

ポップコーン美味しいよね

ピアノに限らず合唱・童謡でも有名な日本の作曲家、湯山昭先生(1932〜)。

小学3〜4年生の頃に習っていたピアノの先生から、バッハにショパンやシューベルトといった課題と一緒に与えられたのが、湯山昭先生の「お菓子の世界」「日 ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,呼吸,スラー/レガート

湯山昭「月曜日のソナチネ」

ピアノを弾くと言っても、ピアノの作品はこの世に数えきれないほどあります。自分で作曲したり、即興で弾けちゃうすごい人達もいますよね。

多分、この記事を読みにきてくれたあなたは、クラシック・ピアノが好きなんだと思います。だって ...

ピアノ奏法

猫のしっぽ・音のしっぽ

他の楽器に比べて、ピアノは鍵盤をポンと押せば音を出すのは簡単です。

そう、ただ音を出すだけなら簡単ですよね。だけど、良い音・様々な音色や響きを考えて弾くとなると、たちまち「ピアノ超難しい」モードに入りそうです。

ピアノ奏法,同音連打

考えてる?

ピアノで同音連打とは、同じ音を繰り返してすばやく弾くもの。そして、すばやくはなくても、同じ音が繰り返される場合も含めてここではお話しますね。

すばやく弾かなければならない同音連打はそれは大変です。ちょっとした技術が必要。

ピアノ奏法,楽譜の読み方

ピアノを弾くには、右手と左手で違う音を弾く事や違う動きを求められたり、ペダルを踏むために足も使ったり、たくさんの事を同時にやらなければなりません。

楽譜を読むというのはピアノを弾く人にとっては大変な事ですよね。ピアノの楽譜 ...