正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 演奏法

ピアノで弾くスラーとスタッカート奏法を考える

ピアノ奏法・テクニックにはいろいろなものがあります。音と音をつなげるスラーや、音と音を切り離すスタッカートも、それぞれの弾き方・奏法は1つではありません。 今日は、ピアノで弾く様々なスラーやスタッカートの奏法・弾き方・捉 …

【ピアノ奏法】広がる手は作るもの!手が小さくても嘆かなくていい!

ピアノを弾いていてお悩みはいろいろあれど、「手が小さいの」とか「手が広がらないの」というお声はよく届きます。私も手は小さい方ですからね(体は大きいのですが、体の大きさに比べると手足はビックリ!な小ささですの。あ、私のこと …

ピアノをラクに弾くための体の使い方2つのポイント

ピアノを弾くのは、たくさんの喜びに楽しさがありますよね。ピアノを弾けるってなんて幸せなんだろう。 多分、ピアノを弾く場合に限らないのでしょうね。例えばスポーツでも、自分の体を使わないといけないのですから、うまく使えないと …

ピアノ奏法!5の指で打鍵する音をキレイに浮き立たせる方法

ピアノを弾いていると、頭の中ではキレイに音を紡いでいるつもり。本当はキレイに響かせたいのに、うまくいかない。 そんな5の指で弾く音のラインを、どうしたらキレイに表せるのか?今日はそんなお話ですよ。ピアノの音の世界は奥が深 …

ピアノの脱力は3の指を支点にするのがポイント!

ピアノを弾いていると、脱力問題を考える時が訪れるでしょう。 ピアノを弾いていて腕がつらくなったり痛くなったりする原因は人によって状況によっていろいろ。でも、普段から腕や手首・指などに負荷を強いずに弾く事が出来たら、そんな …

ピアノで音楽の流れを生み出す方法とアルペジオの弾き方のコツ

アルペジオは流れるように弾きたいのに、何度練習してもボテボテ・・・何だかぎこちなくて音楽が流れているような気がしない・・・あなたはピアノの練習をしていて、そんな風に感じたことはありませんか? ピアノでアルペジオを弾くには …

クレッシェンドでバランスをとる方法と両手ユニゾンで気をつけるポイント

クレッシェンドとは「だんだん強く」という意味。楽譜にクレッシェンドが書かれていたら、あなたはどうしますか?えぇ、きっと「だんだん強く」演奏するでしょう。それはそんなに難しいことではなさそうですよね。 簡単そうなクレッシェ …

ピアノの演奏を生き生きさせるために楽譜を読み解く方法

ピアノを弾く上でどんなに指が自由にすばやく動こうが、ちっとも暗譜に困らないとかどんなに初見が得意でも、楽譜を深く読み解こうとするかどうかは、演奏に真実味を与えるかどうかの分岐点。 せっかく縁あって向き合っている作品。もう …

効果的な打鍵法を知っておこう!ピアノでスラーとスタッカートの弾き方を考える

スラーとスタッカートは、ピアノに限らず音楽の勉強(演奏法)を始めると、普通に出てくる演奏法。誰もが知る一見なんてことない奏法かもしれません。 もしかしたら、大して問題なさそうに見えてしまうからいけないのかもしれません。問 …

ピアノで跳躍をキレイに聴かせる方法

ピアノで跳躍と言うと、何だかとても難しいテクニックのように感じてしまうでしょうか? でも、実際は大した跳躍のようには見えない音の動きでも、それまでとの手指の広げ方・音程の開き方が変わるだけで、ものすごく弾きにくいと感じた …

1 2 3 42 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.