正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 演奏法

ピアノを脱力で体をラクにして弾くには背中がポイント!

ピアノを弾く上で、切っても切り離せない問題が「脱力」。しかし脱力とは言っても、全ての力を抜いてしまったら、決して軽くはないピアノの鍵盤を打鍵することすら出来なくなってしまいます。 ではどのくらいの塩梅で、体のどこの部位を …

ピアノでペダルに頼らずオクターブをレガートで弾く方法

手が小さい人のみならず、手の大きさが普通でも大きくても、ピアノでオクターブをきれいに弾くのは、そんなにやさしい事ではありません。そうね、オクターブをつかんで弾くだけの場合と、オクターブで動きがあるのではまた違いますよね。 …

ピアノで同音連打の弾き方のコツ

同音連打ってねぇ、ピアノで弾きにくいものの5本指に入っちゃうかもしれませんね。 自分の手なのに、自分の指なのに、どうして思うように動いてくれないんだろう? 今日は、ピアノで弾く同音連打を少しでもラクにするコツについて考え …

ピアノで和音の連打を音楽的に弾く方法

ピアノを弾く上で、いくつかの音を同時に打鍵する「和音」というのは、美しい響きを放つもの。しかし、弾きにくさを覚えたり、打鍵にばらつきが出たり、またバランスを考える上でもやさしくはないのが和音かもしれませんね。 今日はそん …

ピアノで和音を音楽的に弾くポイント

ピアノを弾くのは大好きだけれど、うまくいかない(弾きにくい)フレーズなど難儀なものはいろいろあるでしょう。このところレッスンやお話などで「和音」のことにお困りの方が多いようなの。何だかシンクロしています。 というわけで、 …

ピアノで16分音符や速いパッセージを脱力と呼吸で弾きやすくする2つのポイントとは?

ピアノを弾いている時に、弾きにくいなぁと感じるポイントはいろいろあるでしょう。その中で、あなたが弾きにくいと感じる中に、16分音符などの速いパッセージはありませんか? そんな時、あなたはどうするでしょうか?手が、腕が、体 …

ピアノを弾く時、肩甲骨を意識するだけで脱力出来てラクになるって本当?

あなたはピアノをどんな風に弾きたいのでしょうか? どんな音を出したいのかな?どうやって、欲しい音を出すために体を使って行ったらいいのだろう?って考えたことはあるでしょうか。そしてその時、あなたの呼吸はどうなっているのでし …

ピアノで合わせにくいトレモロを合わせる方法

ピアノで弾くトレモロって本当に合わせにくいですよね。ムキー!ってなった事、あなたにも1回位あるんじゃないかしら? でも合わせにくい〜!って言ってても始まらないので、今日はそのトレモロを合わせる方法について考えていきましょ …

ピアノで推進力を出す3つの方法

ピアノを弾くには様々な注意ポイントがあります。言い換えればたくさんの事に気をつけなければなりません。弾く事に意識が集中していれば、音の動きを覚えて指が動くようになっていくでしょう。 しかし、ある程度弾けるようになった時、 …

ピアノで弾く様々なオクターブをラクに弾くコツ

ピアノを弾くには、人それぞれに悩みがあるでしょう。曲の難易度によるテクニカルな悩みもありましょうが、手が小さい(言い換えれば手が広がらない)・手が大きい(言い換えれば小回りが効きにくい)・速い細やかなパッセージが苦手・和 …

1 2 3 39 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.