正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 演奏法

ピアノの大変なフレーズで忘れたくないポイント

音がいっぱいあって弾きにくいフレーズをピアノで弾くのは、本当に大変ですよね。そんな大変なフレーズをピアノで弾く時、あなたは何か意識していることはありますか?弾くことだけでいっぱいいっぱいかしら? あなたがそんな大変なフレ …

ピアノでのフレーズの捉え方とフォルテシモからのクレッシェンドの掛け方について

あなたはピアノに向かっている時、フレーズって、どうやって捉えたらいいんだろう?と疑問に思うことはありませんか? 既にフォルテシモなのに、そこから更にクレッシェンドってどうしたらいいの?もうこれ以上大きく(強く)出来ません …

ピアノは指遣いを考えるだけでグンと弾きやすくなる!

ピアノを弾くのって、好きな曲と向き合っている時は楽しいですよね。でも、何だか弾きにくいパッセージやフレーズがあると、もやもやしてしまいます。ちょっとイラっとするかも?(笑) こんな単音フレーズから突然!和音に変わるなんて …

ピアノの楽譜の読み方には順番がある

ピアノを弾くには、右手と左手で違う音を弾く事や違う動きを求められたり、ペダルを踏むために足も使ったり、たくさんの事を同時にやらなければなりません。 こと、楽譜を読むというのはピアノを弾く人にとっては大変な事ですよね。ピア …

気持ちが上を向いているなら、ピアノの音も上向きにしてみよう!

ピアノを弾いていて「もっと大きく」「もっと明るく」「もっともっと!」を言われた経験はありませんか? 「もっと○○する」という強弱の変化や表現上の変化、そしてその幅は音楽を奏でる上で欠かせないもの。でも、その変化はどうやっ …

腕に力をためこまないでピアノをラクに弾く方法

ピアノで音数の多いフレーズを弾いていると、次第に腕が重くだるくなるのを感じたことはありませんか? ピアノを弾くなら大変なフレーズで腕が辛くなるのは仕方ないと諦めていませんか?もしくは、私にはそういう曲は弾けないと。 もし …

ピアノでテンポを上げていく時に大事な2つの事

ピアノの練習をしていて、それぞれの曲にはそれなりのテンポがあるのに、理想のテンポで弾けなくてもどかしくなる事はありませんか? テンポを上げたいのに上げられない。一体何が悪いのか、わからない。一生懸命頑張ってみるけれど必死 …

【音の聴き方】行間を読むようにピアノの音を聴けば体もラクに使って弾ける!

ピアノを弾いていると「もっと音を聴いて」「最後まで自分が出した音を聴くのよ!」などと言われた事はありませんか?または「どうもあなたの演奏はブツ切れで繋がっていかないのよね」など。 そんな事を言われたって「わたし」はちゃん …

音の長さの意味とその音がどこへ向っていくのかを考えると、ピアノの表情が変わる!

あなたはピアノを弾く時、あなたの意識の多くはどこに置かれているでしょうか? という質問は、かなり抽象的だったでしょうか。ではぐいぐいっと詰め寄って聞きますよ。あなたは今から弾くその音の長さとその長さの意味を考えたことがあ …

ピアノの音の動きの中にあるメロディを聴いて埋もれさせずに浮き立たせる方法

ピアノは右手も左手も使うし、ペダルを踏むなら足も使います。同時にやらなければならない事が、ありすぎますよね。だから、本当に大事にしなければならない事=メロディを、「弾いている”わたし”」が思っているほど、綺麗に聴こえてこ …

1 2 3 34 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.