正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 演奏法

大変なフレーズで、忘れたくないコト

音がいっぱいあって弾きにくくて大変なフレーズ、あなたは何か意識していることはありますか?弾くことだけでいっぱいいっぱい? そんな大変なフレーズで忘れてほしくない事があります。 スポンサーリンク ‌

黒鍵と白鍵の交互奏に気を付けアーティキュレーションを正しく読み取る

何気ないフレーズ、大して難しくもないフレーズなのだけど、なぜかギクシャクした印象を持つ事はありませんか?アーティキュレーションを正しく読みとるって、どうするんだろう? そんなお話をしてまいります。 黒鍵と白鍵の交互奏で気 …

肩甲下筋のツボを意識で脱力!呼吸を意識でグンと弾きやすくなる!

手首に力が入ってしまうとか、ヒジに力が入る・腕全体に力が入る・肩に力が入ってしまって、無意識のうちに肩が上がってしまう・・・そんな事はありませんか? ピアノを弾く時に、呼吸をしていますか?呼吸を意識していますか?息が止ま …

両手重音トレモロとアルペジオをラクに弾くコツ

ピアノで重音のトレモロ、しかも両手共に弾かなければならなかったら?ひゃーもう弾きにくいわ、合ってるのかどうかもわからない・・・ 1オクターブを超えるアルペジオは、弾きに行くのに必死でもう!疲れるし音外れるし・・・ そんな …

何だか弾きにくいと思ったら、グルーピングを考えてみよう!

ピアノを弾いていて、難しそうには見えないフレーズが、とても弾きにくく感じたり、はじめは良いのに、フレーズの終わりでつっかえたりしませんか? どうしてなんだろー?急に難しくなるわけではないのに、ね。そんな時、ちょっと考えて …

速い音符は立ち向かわない!タンギングのススメ!

16分音符や32分音符など、速い音のパッセージは、無意識のうちに焦ってしまっていませんか?パニックになっていませんか?息が止まっていませんか? 指が勝手に走ったり、16分音符の終わりまで聴けずに弾ききれないこと、ありませ …

三声は1人で3人分 歌う!休符はバレリーナが舞うように味わってみよう!

三声フーガは3人が掛け合って歌うようなもの。それはわかっていても、弾くだけで精一杯!になっていませんか? 休符は音符と同じように、その長さの種類はいっぱいあります。それらはどんな意味があるのでしょう?どう演奏に反映させた …

レガートの弾き方と同じ音が続く時につまらない弾き方にしない方法

レガートってどう弾いたらいいのでしょうか?同じ音が続く時は、どう弾いたらいいのでしょうか? レガートは「つなげる」ですが、どうやったら音は・響きはつながるのでしょう?つなげて弾いているつもりが、全然つながって聴こえないこ …

覚えにくい音の動きを覚える方法と音が長くなる時の注意

何回弾いても何回練習しても音の動きが覚えられない〜〜!って悩ましくなる時はありませんか?音符の長さが長くなっていくと、何だか違和感を覚えることはありませんか? 今日は、そんな覚えにくい音の動きを覚える方法と、音符の長さが …

あなたが聴いているものが伝わるのだ!

なんだかイマイチ面白くない、なんだか表現がぱっとしないような気がする・・・なんでだろう〜?って感じることはありませんか? 演奏には「あなたが聴いているもの」が反映されます。あなたが聴いているものが、聴いてくれる人に伝わり …

1 2 3 35 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.