正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 装飾音

ピアノでrit.での装飾音の弾き方とフレーズの中でのグルーピングの方法

装飾音とは書いて字の如く「装いに飾りをつける音」。女性の耳元を揺らすイヤリングのように、キラッと光るものだったり上品に揺れるものだったり。 でも人を飾るのはイヤリングだけではないでしょ。ネックレスも指輪もブレスレットやア …

ピアノで和音を弾く時の手の形と装飾音の弾き方のポイント

学校が始まったら(新学期・新年度が始まったら)途端に学校や仕事のことで手一杯・余裕がなくなってしまうのは子供も大人も同じではないでしょうか。 そんな余裕がなくなる前は理解して出来ていた事が、途端に何もなかったかのように元 …

古楽器から考えるバロック音楽の装飾法講座を受講して

バロック音楽と聞くと、条件反射のように難しく感じてしまっていませんか? 私達ピアノを弾く者は様々な時代の作曲家が生み出した作品と向き合います。そんな中で、基本だよと言われたりバッハがわからないと他のは弾けないだとか(逆に …

ピアノ上達のコツ!楽譜を細部まで読み込んで考えよう!

演奏する楽器はピアノに限ったお話ではありません。クラシック音楽を演奏する・演奏するために練習を重ねる時にとても大事なことがあります。それは「楽譜を細部まで読み込んで考える」ということ。 では楽譜を細部まで読み込むとはどう …

末次克史先生のバッハ講座で、装飾音の意味を考えて唸った

2018年7月15日(日)、ベルギー在住のチェンバリストでピアニスト・通奏低音奏者で作曲家の末次克史先生をお迎えしての通称「バッハ講座」の第3弾、テーマは「バッハ・装飾音の考え方(を身につけるために)」でした。 すぐにご …

装飾音も、美しい音楽だ!

● 装飾音も、美しい音楽だ!   付点のリズムに入る「ターン」や 少し伸ばす音につく「装飾音」、 これらをどう弾くのか? ターンや装飾音の弾き方ではなく、 どんなタイミング・ニュアンスで弾くか?   というお話 …

もし、そこに装飾音がなかったら?

● もし、そこに装飾音がなかったら? の「間」を、味わう   「れーーミレドレふぁーみれ」 装飾音を入れるタイミングや、そのニュアンスは、人により、千差万別でしょう。 感じて欲しいな、と思うのは、 「もし、そこ …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.